ロゴ

メイン PDF版 編集長のブログ 気まぐれパワースポット

宗教新聞最新号 主な記事

[平成31年5月10日付 1面PDF
●1面
◎建国記念の日奉祝中央式典盛大に/明治神宮会館
 本来の日本に返り、新時代へ
◎靖国神社で春季例大祭を斎行
 英霊に真摯な祈り捧ぐ
◎社説
 過去は未来で変えられる

●2面
◎教皇、全世界に向け復活祭メッセージと祝福
 キリストは世界の最も美しい若さ
●3面
◎文明史視点からの憲法論議を
 生かされて、生きる時代の法に
 岡本幸治・大阪国際大学名誉教授に聞く
●4面
◎亥年に和気神社の参拝者が3倍増/岡山県和気町
 和気清麻呂公への関心高まり
 小森国彦 和気神社宮司に聞く
●5面
◎令和の御代の天皇と日本人
「象徴」により日本を実感
 薗田稔 秩父神社宮司・京都大学名誉教授に聞く
●6面
◎天香さん生誕147年を祝う「春の集い」/一燈園
 所功氏講演「御代がわりと日本人」
●7面
◎第50回新しい憲法を作る国民大会/東京・四谷
 令和の時代に新しい日本を

最近の話題

◎鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム 
 建築公開「新しい時代のはじまり」展

 神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮境内、鎌倉文華館 鶴岡ミュージアムで、4月20日(土)から5月6日(月・祝)までの間、「新しい時代のはじまり」展を開催する。
1951年に日本で最初の公立近代美術館として、鶴岡八幡宮境内に建築家・坂倉準三の設計により建設された、「神奈川県立近代美術館 鎌倉」は2016年3月の閉館まで65年間にわたり、学芸員、周囲の人々の熱意でさまざまな先駆的な活動を展開してきた。鶴岡八幡宮はその建築を改修し、新たな使命を持った文化交流施設、「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として6月8日(土)に開館する。
改修工事では、「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」(2016年11月に神奈川県指定重要文化財に指定)の歴史的建築の意匠を保ちつつ、最新の技術によって補強、復原、機能を向上させた。「新しい時代のはじまり」展では、開館に先立って建築を公開し、1950年に行われた設計競技(コンペ)から改修工事の過程を図面や模型、記録映像、写真等で紹介する。

会場:鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム
会期:2019年4月20日(土)から2019年5月6日(月・祝)まで
開館時間:午前9時から午後5時まで(最終入館は午後4時30分)
Tel:0467-55-9030(代表)

正面

南外観

内部1

内部2