ロゴ

メイン PDF版 編集長のブログ 気まぐれパワースポット

宗教新聞最新号 主な記事

[令和元年6月10日付 1面PDF
●1面
◎上皇陛下の御聖徳を後世に
 令和元年5月定例評議員会
 鷹司尚武氏が統理に再任/神社本庁

◎初期禅宗史研究の国際シンポ/東洋大学
 世界の初期禅研究家が参加

◎社説
 「令和」の心の日本人に

●2面
◎国際家庭年を記念する国際会議/スイス・ジュネーブ
 WCCエキュメニカルセンターで開催
●3面
◎西田天香と漂泊の俳人・尾崎放哉
 相大二郎燈影学園長に聞く
 障子あけて置く海も暮れきる
●4面
◎瀬戸内国際芸術祭2019春会期/香川県
 アートが生む楽しい「交流」
 移住者も増え過疎の島が活性
●5面
◎神幸祭で鳳輦・神輿行列/神田明神
 天皇陛下の御即位祝う
●6面
◎古墳研究家・白石太一郎氏が講演/香川県
 さぬき市の古墳と大和王権
 河内王権を支援した瀬戸内勢力
●7面
◎日本の母を讃える講演と歌の集い/中野サンプラザ
 母親は子供の最高の教師
◎大川隆法総裁講演会/千葉・幕張メッセ
 「自由・民主・信仰の世界」

最近の話題

◎開館記念 季節展示・夏(Seasonal Exhibition, Summer) 
 令和元年6月8日(土)から7月15日(月・祝)まで

 6月8日に鶴岡八幡宮で「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」が開館。
 鎌倉に息づく悠久の歴史には、中世を生きた鎌倉武士や禅を本格的に導入した鎌倉五山、数々の名だたる鎌倉文士たちのまだ知らぬ物語がある。それを次世代に語り継ぐため、同館では鎌倉をテーマに歴史や文化、今日まで育まれてきた豊かな自然などを紹介。それぞれの社寺や史蹟、文化施設に赴くための情報発信の拠点として活動を行っていく。
 開館記念「季節展示・夏」では、境内の出土品や文士ゆかりの品を展覧し、武士の精神的よりどころであった鶴岡八幡宮の歴史から鎌倉文士に至るまでを展示パネルや映像資料を交えて紹介する。

開館時間:午前10時から午後4時半まで(入館は4時まで)
休館日:月曜日(7月15日は開館)
観覧料:一般300円、小中学生100円

よりとも

《源頼朝像 (複製)》、鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム

よろい

《赤絲威菊金物付大鎧 (複製)》、鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム

かけじく

《短歌 軸装》与謝野晶子、鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム