2020年6月10日付 764号

●1面
コロナ後の「新しい生活」と宗教
空海の真言密教から大師信仰へ

伊勢山皇大神宮で例祭/横浜市
新型コロナウイルス終息を祈願

社説/「自粛」を成長の期間に

●2面
黒人男性の暴行死に抗議デモ/米国
トランプ大統領への批判も

死海文書の由来は?
「羊皮紙」のDNA調査で謎深まる

連載・カイロで考えたイスラム(27)
五行の長所と短所

3面
日本的自然観に基づく即身成仏
大師信仰が庶民の間に広まる

国際宗教同志会例会
コロナ禍が迫る宗教界の変革

投稿・我々の心の中にウィルスが…
水野辰雄 人口戦略家・元外交官・元神戸大学大学院教授

連載・シュヴァイツアーの気づきと実践(12)
秘密の贈り物に大感激

●4面
ポスト・コロナ時代の日本人と宗教
怨霊から天神になった菅原道真公

●5面
上橋菜穂子『獣の奏者』が米プリンツ賞を受賞
英訳した翻訳家・平野キャシーさんに聞く
人と社会を育てる物語をつくる

連載・岡山宗教散歩(17)
正徹と雪舟

●6面
新しい憲法をつくる国民会議
「国家非常事態対処規定」を 
憲法改正に向け清原会長が講話

旅を守る荒脛巾神社/宮城県多賀城市
朝廷が蝦夷対策に建立か

連載・文学でたどる日本の近現代(9)
『風土』和辻哲郎(1889〜1960年)

●7面
神道禊教 立教百八十年記念祝賀大祭納祭
安心と共感の世を拓こう

第16回世界平和交響曲(SOPP)/白光真宏会
「平和の祈り」をネット配信

連載・宗教で読み解く世界情勢(54)
限界を露呈した20世紀的価値観

●8面
都会のオアシス/天祖神社(東京都豊島区南大塚)